節分の豆まきの正しいやり方とは?由来はどこから? | トレンドランキング!ここだけの話題を先取り

節分の豆まきの正しいやり方とは?由来はどこから?


Sponsored Link

節分の豆まきの正しいやり方ってどうすのかな?
ただ、外と家の中に投げるだけのようだけど・・・

また豆まきの由来はどこからなのだろうね。
やっぱり、外国から?それとも日本古来の風習から?

節分の豆まきって地方によって少しづつ
違ってるよね。
しかも使う豆は大豆だけかと思ったら、
結構種類があるしね。

 

節分の由来

節分とは、元来季節を分けることで使われてきたとか。
つまり、季節の移り変わりの節目を節分というのだとか。

季節は四季だから、節分は以前は4回あったんだね。
四季の移り変わりは、立春、立夏、立秋、立冬だから
その前日が節分だったんだね。

そして長い年月の間に立春が残ったと。

平安時代は、大晦日、つまり節分の日に陰陽師らによって
厄や災いを払い清める儀式が行われていたようだけど、
室町時代に入って、今の様に豆をまいて悪鬼(災い)を
追い出す儀式になったようだね。

節分の歌もこの辺りに関係してるのかな?

 

 

豆まきの由来

 
豆の画像

 豆まきは、一説では中国の風習が伝わったもの
とされているとか。
豆は魔を滅する「魔滅(まめ)」という意味があるんだね。

豆まきは、以前は家の主(あるじ)がまくのが普通だったけど
今では、家族みんなで楽しくやるようになったよね。

あまり型に拘らずに、みんなで楽しく思い出に
なるような節分をすれば良いと思うけどね。

 

豆まきの正しいやり方

 豆まきのやり方は、その地方で少しずつ変わってるよね。
では、一般的に正しい豆まきとはどうすの?

まずは、窓を開けて、外に二回「鬼は外」と
豆をまく。
そして窓を閉めて、家に中に「福は内」と
2回豆をまく。

これが正しいやり方のようだね。
窓を閉めるのは、追い出した鬼(災い)が
再び家の中に入ってこないようにするためのようだね。

また、豆もかなり種類があるけど、決まりは無いらしい。
だから、好きなのを使うのが良いのかもね。

普通は大豆を炒ったものだけど、拘る
必要はないようだよ。

ただし、ここは絶対に守らないといけない。
生の豆は使用しないこと。

撒いた豆から芽が出るのは不吉な事と
思われているからね。

 

豆まきの豆を歳の数だけ食べる理由

節分で豆をまいた後、年の数だけ豆を食べるよね。
これって理由はなんなのだろうね。

これは、一年間まめに生きていき、病気や怪我などしないで
長生きできるように、歳の数だけ食べるようだね。

また、巻き寿司も食べるよね。
代表的な巻き寿司が恵方巻きだよね。

今は恵方巻きもバラエティに富んでるよね↓

恵方巻きを食べるのは、福を巻き込むから
と言われているからのようだね。

また、恵方巻きは正しい食べ方もあって、
恵方の方角を向いて、私語はせずに丸かじりするようだね。

2015年(平成27年)の恵方は、西南西のようだね。


Sponsored Link

このページをブックマークに登録する↓

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する
(この記事についての関連記事)
    None Found

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » トレンドランキング!ここだけの話題を先取り

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トレンドランキング!ここだけの話題を先取り TOP » くらし, 生活 » 節分の豆まきの正しいやり方とは?由来はどこから?